ゲシュタルト崩壊 | 8xcsp6 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

ゲシュタルト崩壊

返信

ゲシュタルト崩壊(ゲシュタルトほうかい、独: Gestaltzerfall)とは心理学における概念のひとつで、全体性を持ったまとまりのある構造 (Gestalt, 形態) から全体性が失われ、個々の構成部分にバラバラに切り離して認識し直されてしまう現象をいう。


認知心理学にも「文字のゲシュタルト崩壊」という現象として見られる。これは同じ漢字を長時間注視しているとその漢字がバラバラに見えたり、連続で羅列された文字列を読み続けると途中からなんとも形容しがたい、いわゆる「こんがらがった」状態になる現象である。例えば平仮名の「あ」を連続で書き続けた場合、「あ」という文字はこんな字だったか?と思ってしまう現象がこれにあたる。ただしこの際、静止網膜像のように消失は起きないとされる。近年では、二瀬由理・行場次朗  『持続的注視による漢字認知の遅延: ゲシュタルト崩壊現象の分析』  (心理学研究, 1996)により発表されており意味飽和との関連も指摘されている。しかしゲシュタルト崩壊の発生要因については未解明な部分が多く、「比較的高次な認知情報処理過程によって発生する」(二瀬・行場 1996)ことがわかっている程度である


(Wikipediaより)

投稿者 8xcsp6 | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.